先週末、無事上棟も完了し、今日は第三者機関による施工検査の第4回目でした。

第4回目の施工検査は「屋根下地」の検査。防水関係のチェックですね。

次回5日目の構造体検査の対象となる諸々の金物等を見ながら


ホールダウン金物OK


構造体接合部OK

と、確認しながら2階へ


ベランダ部は防水工事がまだなので、雨がかからないようにと大工さんがちゃんとシートで覆ってくれています。m(__)m


ここがロフトになります。

このあと足場をつたって大屋根の上まで登り、屋根下地の確認(ルーフィングの仕舞い、重ね代が規定値以上確保されているかなど)を行い写真をパチリ♪

で、今 その大屋根で撮ったはずの写真を探していたのですが…なんと!全部写っていません(>_<)

ガビーン(◎_◎;)なんでやろ?うーん。心当たりが。。。ない。

写真撮ったあと「晴れてたら海見えますね~♪」って呑気に検査員の方、監督さんと大屋根の上でお話ししてたのに。(ー_ー)

まぁ…検査報告書に添付される写真は検査員の方が撮ってくれているはずなので、大丈夫といえば大丈夫なんですけど。。。

ちなみに本日「屋根下地検査」のチェック項目は

〇屋根 ルーフィング
 ・仕様:アスファルトルーフィング940品と同等以上
 ・棟部および谷部は、重ね代を棟頂部および谷部より両方向へ250mm以上
 ・重ね代:鉛直方向 上下100mm
 ・重ね代:左右200mm以上
 ・重ね代:軒左右折、壁取り合い250mm以上
 ・下屋、棟違い部の先張り施工
 ・三面交点の防水措置がされている
 ・ルーフィングに破れ、穴あきがないか ※ある場合、防水テープ処理
〇その他
 ・板金下地:軒先水切り、けらば水切り、谷など
 ・軒換気:位置、長さ、開口寸法

と、いう内容でした。

私のドタバタとは裏腹に工事は順調に進んでおります。m(__)m