今日 明石市から図書カードが届きました。

DSCN7208

(額面1,000円也…)

 

先日 ご紹介した 現在建築中…明石市大蔵町の新築一戸建↓

140819jpg

 

以前は前の道路が狭かったんです。

建物を新築する際には 4m以上の道路に接していなければ建築許可がおりません~!と いう建築基準法の定めがありますので、当然今回も道路の中心線から2m後退※通称セットバック(その部分の敷地を道路として提供する=宅地が狭くなる)して建築の許可を得ています。

狭あい事業1

※イメージ↑

 

…で こういう通り抜けの出来る住宅街で道路が狭いところには明石市としても整備したいらしく「狭隘道路整備事業」という名目で、予算を付け 測量や分筆、所有権移転登記はては後退部分(道路になったところ)の買取りまで行ってくださいます。

狭あい事業表紙

狭あい事業2

 

…まぁなんということでしょう~♪
(ビフォーアフター風に…m(__)m)

素敵な事業ですね。(^^)

 

…が しかし

 

コレ 時間メッチャかかるんですよ…年単位 (ー_ー)

 

時間の制約を受けない個人の方ならとてもいいシステムだと思うのですが…

不動産業者としてはちょっと年単位はツラいですね。^^;

 

…で 今回は 測量+分筆登記+道路拡幅工事まですべて当社負担!

 

P1010146

※キレイになった現地

道路後退部分の16平方mは明石市に寄付させていただきました。(*^^)v

 

一番上の写真の図書カードはその御礼だそうです。

わたしも明石市市民歴25年…

市民として当然の務めですよね!^_^;