カンバンに続き 今更なんですが…m(__)m

先程 ノボリを立ててきました。

 

DSCN6453

玄関側(道路側)はこれから外構工事に取り掛かるので裏側に…

 

日当りいいでしょ…(^^)
(写真はAM11時頃にパチリ…)

この方角は東南側…LDKが面しています。

隣接地が現況 空地(畑)になってるのでメッチャ明るいです。

 

「ん? 空地になんか建ったら日当たり悪くなるやん。」

…と、思ったそこの貴方…なかなかいい読みしてますね。(^^)

でもココは大丈夫なんです(*^^)v

その理由は この場所が「市街化調整区域」だから…

都市計画法に基づき日本の国土は三つに分かれます。

1.都市計画区域の中の「市街化区域」=(市街化を促進する区域)

2.都市計画区域の中の「市街化調整区域」=(市街化を抑制する区域)←この物件が所在するのはココ

3.都市計画区域外(山の方とか街じゃないところ…別荘地など)

 

「ん?市街化調整区域やったら家建てられへんのちゃうん?」

…と、思ったそこの貴方…来年は宅建受けましょう!

 

明石市で「市街化区域」と「市街化調整区域」の線引きが行われたのは昭和46年3月のコト。

なのでそれ以前にお家が建っていたところに関しては 現在「市街化調整区域」でも再建築が可能なのです。

この物件に隣接している空地(畑)は昭和46年3月の時点で建物が存在していなかったので、今後建物を建築することが不可能ということになります。
(土地所有者の方の卑属の方の新宅分家住宅の建築は可能な場合があります。ただしマンションなどの高層建物はダメ~)

 

お分かりいただけましたでしょうか?

∴この新築住宅は日当たりが良いのです♪

 

ぜひ現地でご確認ください。ヽ(^。^)ノ